ダニ対策

効率的なダニ対策とは

 

ダニ対策効果はあった?
ダニはどこにでもいるものですし、ほっといていたら家じゅうダニだらけになってしまいます。
布団、ベッド、カーペットなどまぁ基本的に布の素材があればそこにダニがいるという状況です。

 

特に多いのがベッドや布団です。
人の皮脂など餌も多そうですので、繁殖もしやすそうですよね。
寝ている間にダニに噛まれてしまったとかそんな経験もあるのではないでしょうか?
気がついたら肌に赤いぶつぶつが…とか私はよくあります。

 

それが私だけだったらいいのですが、子供にも被害が及ぶのはなんとしても避けたいところです。
ブツブツになったりアレルギーになってしまったらと思うと、気が気ではいられませんよね。
そんな被害をさけるためにも良いダニ対策法はないのでしょうか?

 

 

ダニ対策の種類

対策する方法はいくつか知られていますよね。

 

  • 布団を干す
  • 掃除機をかける
  • 布団乾燥機を使う
  • ダニ用殺虫剤を使う

 

などの方法があります。
それぞれ検証してみましょう。

 

布団を干す

ダニ対策としてはスタンダードな方法です。
布団を天日干しにすることでダニをやっつけるんですね。
これは本当に効果があるのでしょうか?
実はこれまでの研究などであまり効果がないのではないかと言われています。

 

ダニは奥に引っ込んでしまう
表面のダニは対策できるが死骸が残る

 

といったことがわかっています。
対策法としてはあまり効果的ではありません。

 

 

掃除機をかける

これも昔から行われていたことですが、あまりおすすめできません。
掃除機程度では複雑に絡んだダニを吸い出しきれないからです。
夜になると奥からダニがやってきて結局被害にあってしまいますね。

 

 

布団乾燥機を使う

これは部分的ながら効果がありそうです。
ダニが生きていられない温度まで布団をあっためることでやっつけるんですね。
しかし、布団乾燥機から近いところのダニしかやっつけられないですし、死骸はそのまま残ってしまいます。
夜になると周りの熱が行き届かなかったところからダニがやってきます。

 

 

ダニ用の殺虫剤を使う

市販で殺虫剤式のダニ対策はいろいろと販売されていますよね。
使い方を守ることはもちろんですが、人への害は心配しなくてもいいのかもしれません。
でも家に小さい子がいたりすると万一って心配もありませんか?
殺虫剤式のダニ対策を否定するわけではありませんが、子供のことを考えると心配という気持ちもあります。
そして殺虫剤ということはダニを殺してしまうタイプで取り除くわけではありませんよね。
死骸が残ってしまいますので、アレルゲンの解決にもなりません。

 

 

ダニ対策は時間も大切

ダニには活動時間があることをご存知でしょうか?
主に夜活動するらしいですよ!
なので表面に出てくるのは夜で昼間は奥のほうにいるんですね。
だからダニ対策は夜するのが効果的です。
でも夜に布団を干すなんてことはできませんし、掃除機をかけたりすると騒音にもなって現実的に難しいですよね。

 

 

そこでダニ対策シート

ダニピタ君のようなおくだけで良いタイプであれば、昼でも夜でも関係ありません。
出てきたダニを片っ端から誘導してくれます。
昼と夜関係なくできるダニ対策だから手間もありませんし、確実にダニを取り除けます。
それに死骸が残らず丸ごと回収できるのもダニピタ君のいいところです。
ダニにお困りでしたらお試しになってみませんか?

 

⇒ダニピタ君のキャンペーンをお見逃しなく!

 

関連ページ

ダニピタ君の効果に迫る!
ダニピタ君はシートタイプのダニ対策ですが、効果があると評判です。 その効果について説明いたしましょう。
ダニピタ君の口コミ
ダニピタ君はその効果が評判です。実際に使っている方がどのように思われているのか、コメントをご紹介します。
販売に関して
ダニピタ君は販売先が限られています。通販で申し込みするのが一番簡単ですよ。おすすめの通販はこちら!
ダニピタ君の効果を検証!
ダニピタ君はどれくらいの効果があるのでしょうか?実際にどれくらいのダニが取れたか検証したデータがあるのでご紹介します!